嬉しいこといっぱい

たのしいこと日々実践中!おすすめアプリも紹介するよ!

海外旅行の悩み~チップの相場は?~

   

海外に行って
戸惑ってしまうことの一つと言えば
「チップ」じゃないでしょうか(-_-;)

私も、わからずで、取り敢えず
1ドルを渡してました。
やっぱり、日本にはチップの習慣ないので
いくら渡せばいいのか?
渡すタイミングは?
等など、余計な悩みがありますよね。
皆さんはどうですか?
基準は以下のとおりのようです。
同じ悩みがある人は参考にしてみてください。
・ホテルで荷物を運んでもらった場合は、
荷物1個につき、1~2ドル。

渡すタイミングは、荷物を運んでもらって、
部屋の説明の後に支払う感じですね。
・ホテルの部屋の掃除とシーツ交換の場合
ベッド1台に付き1ドルが相場です。

翌朝、ベッド脇のテーブルに置いておきましょう。
・駐車場での出し入れの場合
ホテル、レストランによくある、バレットパーキング。

ホテル、レストランにもよりますが、2~5ドルが相場。
車を受け取る時に渡します。
・タクシーを利用の場合
メーター料金の10~15%が相場。

トランクから荷物の出し入れをドライバーがしてくれた時、
荷物1個につき、1ドルのチップを加算するのが一般的。
・レストランを利用の場合
税金も含めた利用額の15~25%が相場。

高級レストランになると、25%以上が相場。

但し、伝票に既にチップが含まれている場合は
必要ないので伝票チェックは必要ですね。

日本にはチップの習慣がないのでわかりにくいですが
そもそもチップは何のために渡すのでしょうか?

チップは、サービスをしてくれた事に対する
感謝のしるしとして渡すお金です。
このチップの習慣があるところは、
一般的にチップをもらう職業の基本給が、
あらかじめ低く設定されいるようで、
チップが重要な収入源になっていたりします。

提供するサービスの満足度によって、
チップの額が増減すると言うのも一般的です。

その為、彼らもできる限りのサービスを
提供しようと努力してくれていますので、
満足のいくサービスを受けた時は、
相場より少し多めに渡したいところです。
ただし、チップを吉としない国もあります。
旅行の前には、その国の習慣を
事前にチェックしておきましょう。

 - 日記 , ,