嬉しいこといっぱい

たのしいこと日々実践中!おすすめアプリも紹介するよ!

自分のために生きる事が人のためになる。

      2017/12/13

誰かのために役立つ為に何をしますか?

■「真の慈善事業」

ボランティア団体代表の池間哲郎氏は

★━━━━━━━━★

世界では
「3秒に1人
「幼い子供達が餓死している」

★━━━━━━━━★

いう事実を知り

世界中を飛び回っているそうです。

■そんな彼が語る
「慈善活動」(ボランティア)は
「3つ」あるそうです。

①.知る事。

②.少しで良いから施しを。(50円が無く自分の腕の中で子供を亡くすお母さんがたくさんいるそうです)

③.私達が日々懸命に生きる事。

私は街頭に立って
募金活動を行うことも素晴らしいと思う。

その上で

★自分がしっかり稼ぎ直接、支援することが
「立派なボランティア」だと思っています・・

今回の地震でも現地に飛んで

●被災者の皆さんのお世話をさせて頂くのは、
とても立派なボランティア活動だと思います。

しかし

●自分の仕事で
一生懸命、働き・・

●しっかり稼ぎ・・、

●支援をすることも

立派な慈善活動(ボランティア)ではないでしょうか・・

上記のお話を知り合いの方より教えて頂き
私自身も日々しっかりと生きる事が
社会への貢献に繋がることだと改めて
考えさせられました。

そして、ボランティア活動を経験した
友人もこんなことを言っていました。

その方は、

●東北大震災の復興支援

●熊本大震災の復興支援

どちらも二回づつ
現地にボランティアの経験があり、

行ったから

「偉いでしょ?エッヘン!」

とは
まったく思えませんと・・・

その友人が言うには

行かせて頂いたご縁の裏には

●ある方々が【一生懸命】働いて

「支援活動に使って」と
【お金さん】を提供して下さった

●「現地は今、こんな状態だ」
と私に【知らせて】下さった

いろんな方の支えがあったんだと。

◆―――――――◆

この裏側を知ったら…

「直接行った奴がエライ」

なんて
到底言えませんよね( *´艸`)

◆―――――――◆

こんなことを言っていました。

そして、
知り合いより教えていただいた
池間さんのお話と友人の話で気づいたのですが、

上記でお伝えした三つのポイント

①.知る事。(知らせる事)

②.少しで良いから施しを。

③.私達が日々懸命に生きる事。

すべてが

その活動に
含まれている。

そう…

◆―――――――◆

直接行って
身体を動かすことだけじゃなく

上記の三つのボランティアが

実際に誰かの心を
軽くしてるのかもしれないんですね!

◆―――――――◆

もし仮に、仮にですが…
慈善活動をして

【運】
(徳・ラッキーポイント)が
貰えるとしたら…

①.知る事。(知らせる事)

②.少しで良いから施しを。

③.私達が日々懸命に生きる事。

日常に少しでも
取り入れることで

実際に
運氣が上がるのかもしれないなー♪

って思いました

ということで、
とにかく日々一生懸命、悔いのないように
生きること。

これを心に刻みたいと思います。

 - 感謝, 運気アップ , ,