嬉しいこといっぱい

たのしいこと日々実践中!おすすめアプリも紹介するよ!

成果・結果を出す人の共通項

   

同じことをしているのに
成果・結果を出す人/出せない人
この違いは何でしょうか?

 

■「学歴より食暦セミナー」

の講師であり

ニューヨーク
タイムズ東京支局記者

ボストン・コンサルティング
グループ研究員の経歴を持つ

【砂田登志子先生】。

 

 

この方が
セミナー冒頭

 

★━━━━━━━━★

外国では日本人が

「子供を連れて歩いている数より・・」

「犬を連れている人の方が多い」

と言われている。

★━━━━━━━━★

 

とお話をなされています。

 

 

■「しかし、もっと問題なことがあります」

とさらにお話を続けられ・・

 

『子供が少ないのも問題なのですが・・』

『もっと問題なのは・・』

『日本人の『少志化』、「志」や「夢」の少なさです』と・・

 

■「志」が大切!

 

通常の職場の仕事でも
その仕事に対する「志」は大切です。

 

●「自分はなぜこの仕事をしているのか・・」

●「なぜこの仕事が世の中に必要なのか・・」

 

「こういうこと」が抜けてしまうと

仕事の成果も上がらず
楽しくもなくなります・・

 

このような
「思い」がない営業マンは

ただの
「販売マシーン」です。

 

今まで多くの成果をあげ続けられた
リーダーさんたちを見てきましたが

どの方もこの『志』を強く持たれていました・・

 

逆説しますと・・

 

★━━━━━━━━★

「志」が無(亡)くて
成果をあげた方を見たことがない

★━━━━━━━━★

 

です。

 

 

「志って何?」

って改めて調べてみると…

 

●目的

●立てた信念

●こうしようと心に決めたこと

とありました!

 

 

そこで、

博多の歴女、白駒妃登美さんが「志」について、
こうおっしゃっています。

 

★━━━━━━━━★

●本当に命を大切にしたいなら、
その命にかえても守りたいものを持つこと。

●同時に、ほかの人にも、そういうものがあると気づくこと。

それが、

●自分の命も、そして他者の命も慈しむことに繋がるのです。

そういう命の使い方をすること、
それが「志」に生きる、ということではないでしょうか。

★━━━━━━━━★

 

そして

●その志は、自分がいなくなっても、誰かに引き継がれる。

とも語っておられます。

そんな素敵な想い(志)を持つ人を

●家族が

●お客様が

●天が…

放っておくはずないですね。

 

私もお仕事より

「お志事」をする人間で在りたいと思います。

 

 - 心の持ち方, 感謝 , , ,